2日前にいらっしゃった新規のお客さまのお話です。

ちょうど2週間前ごろから左足の太ももやふくらはぎに違和感を感じるようになり、今週にはいり歩くと痛みが出るようになったとのこと。

病院には行かず、近くの接骨院に通い坐骨神経痛と言われたそうです。自分の場合お客さまの症状によって腹部側にある腰に関係する筋肉を触ることがあるのですが、この時以前に経験したことのある嫌な感覚がありました。

左側の腹筋の下には大動脈が通っているのですがこの時微妙に拍動が強く、ある病名の可能性があるのでもしよろしければ1度病院のほうに行っていただいてCTなど撮ってみてはと伝えました。

そして昨日、その方から連絡があり「大動脈瘤」が見つかり大きさが5cmほどになっていたとのこと。この大きさは手術レベルである。

腹部動脈瘤は50~70歳の男性に圧倒的に多く、症状がほとんどないことから検査などで偶然発見されることがすくなくありません。

以前同じような坐骨神経痛とおっしゃって来られたお客さまは奥様の肩をかりるくらいで来院され、この時はお腹の中に生き物でもいるかのような大きい拍動があり、検査すると9cmの「腹部大動脈瘤」が見つかった。破裂すれば命の危険がかなりありました。

この原因の大半は動脈硬化であるので、日ごろからの食生活や定期的な運動を心がけてください。